LPガスなら、玉水燃料店!

お得なガス料金でLPガス(プロパンガス)をご提供

 当店では、お客さまにLPガスをご利用していただくために、滋賀県内で販売されているLPガス平均販売価格(石油情報センター調べ)より割安な価格でご提供いたしております。

 また、当店では二部料金制に基づき、「基本料金*1」+「従量料金*2」+「消費税」の総額が毎月ご請求のガス料金となっております。

*1「基本料金」とは、ガスメーターなどの供給設備や保安費用および検針や事務費などご使用量の多少に関わらず定額でお支払いいただく料金です。

*2「従量料金」とは、ガス原料費や容器配送費、充填費用など、各月のご使用量に応じてお支払いいただく料金です。

エルピーガス振興センター参照

エルピーガスコピーライト

『LPガス原料費調整制度』で迅速にLPガス従量料金価格へ反映

LPガスは、石油と同様に海外の輸入に頼っており、ガス産出国(サウジアラビア等)が、毎月決定するLPガス輸出価格や為替レートといった外部要因により毎月変動しています。

弊社では、この経済・エネルギー情勢の変化を速やかにLPガス料金に反映させ、料金の透明性を高めるために「原料費調整制度」を、2010年7月検針分のLPガス料金より導入させていただいております。この「原料費調整制度」は電力・都市ガスで既に導入されている制度で、弊社でも割安なガス料金でLPガス(プロパンガス)をお客様へ提供できるよういち早く対応しております。

『原料費調整制度』とは?

『原料費調整制度』とは、原料価格の変動を、従来の料金単価に反映させて毎月調整する仕組みです。原価が下がった時には速やかに料金に反映させてお客様に還元します。

原料費調整参考

価格の変動額は、「原料価格」と「基準原料価格」により決定します。
「原料価格」が下がった場合はガス料金をマイナス調整します。
「原料価格」が上がった場合はガス料金をプラス調整します。

原料価格=(前月分の輸入価格+輸入船運賃)× 前月の為替レート
調整額=(原料価格?基準原料価格)÷482 ※(消費税別、小数点以下四捨五入)

※482とは:換算係数(重量トンを取引単位の容量m3に換算)
基準原料価格=47,500円/トン㌧・・・基準として固定
[財務省通関統計 2009年1月~2009年12月の平均輸入価格(過去・直近の料金改定年度)]

平均原料価格の実績と調整ガス料金の適応期間
平均原料価格の実績調整ガス料金の適応期間
12月翌年1月
1月2月
2月3月
3月4月
4月5月
5月6月
6月7月
7月8月
8月9月
9月10月
10月11月
11月12月

この「LPガス原料費調整制度」は、1ヶ月間の輸入原料価格が、基準原料価格に対して変動した 場合、次の1ヶ月間の従量料金(1m3りのガス単価)に反映させていただくしくみです。

LPガス料金の調整状況は請求書等でご案内させていただきます。

※ 『原料費調整制度』は資源エネルギー庁が導入を推進している透明で安心出来る料金体系です。

安心・安全のガス関連サービス

 当店と、(協)滋賀県エルピーガス保安センター全面協力体制のもと、お客さまの安心・安全を最重要に考え定期的にガス器具、ガス設備の保安点検サービスを実施しております。

 また、こうした定期保安点検以外にも、日々のガス交換時における安全点検を当店および、ゼネラル配送センター全面協力のもと毎回実施。お客さまの目には見えないところでも「安心」「安全」を最優先にサポートを心がけております。

 もちろん、ガス設備工事やガス器具の設置・説明・修理もおまかせください。ガス器具設置スペシャリスト認証登録店として、安心・安全・スピーディーに施工させていただきます。

お客さまとのふれあいを大切に・・・

地域の安全の一翼を担っております当店では、お客さまと「ふれあう」ことも重要な仕事のひとつだと考えております。ガスメーター検針や定期的な安全事項の周知のお知らせにおきましても、あえて従来通りのスタイルにこだわっております。

お客さま宅一軒一軒に毎月お伺いさせていただき、顔と顔を合わせる。挨拶をする。こんな何気ない日常も、私たちにとっては大切な「ふれあい」。ひっそりと、でもしっかりと「ふれあう」ことを通してお客さまのお役にたてるよう願っております。

供給エリアマップ